新築一戸建てを建てるなら洗面所も2か所にして

朝のトイレ渋滞が我が家の悩みの種でした。父はトイレが長く、なかなか出てきません。 子供は待てないために、ドアを叩きつけるのが毎日のことでした。 せっかく家を建てるのであれば、このトイレ渋滞をなくそうと、トイレを1階と2階の2カ所に作ることにしました。 また、寝室の側に作れば、夜中にトイレに起きても行きやすいと考えたからです。 水まわりは一カ所にまとめたほうが予算を抑えることができると聞きましたので、1階のトイレの上に、2階のトイレがあるような間取りにしてもらいました。 トイレ内に手洗い器を付けても、別に洗面所を設けたほうが使いやすいです。洗面所で顔を洗ったり、歯を磨いても、トイレの手洗い器で顔を洗ったり、歯を磨いたりはしないからです。朝のトイレ渋滞は歯磨き渋滞でもあったので、1階と2階の両方のトイレの隣りに洗面所もつくりました。 また、お風呂とトイレが近い方が良いので、隣り合わせに作りました。 1階と2階の両方にトイレを作る家はたくさんあります。ぜひ、洗面所も2カ所つくって欲しいと思います。顔を洗う、歯を磨くだけでなく、薬を飲む、掃除をするなど、ちょっと水を使いたいことがとても多いからです。洗面所でお化粧が出来るようにすると部屋にドレッサーを置く必要がなくなるので、部屋を広く使うことができます。 その際に、重いものを棚の上に置かないことです。化粧品やドライヤーを上に置いておくと、落とした時に洗面ボウルが割れます。重いものは引き出しにしまうのが良いでしょう。